So-net無料ブログ作成

美容師は副業してもいいんだよ、というお話 [思考]




美容師で副業している人は意外といるみたいです。


副業といっても例えばキャバクラなどのヘアセットや出張美容師、ネイルやマツエクを個人でしている人もいます。
副業まで美容関連をしている人は同業の人間として本当に尊敬しています。凄いですね。


なかにはキャバクラやデリヘル、風俗でバイトをする人もいるそうですが、少ない空き時間で効率よく
高収入を狙うとその選択肢は仕方ありません。むしろ合理的です。


男性の場合はバーテンやカラオケ、新聞配達や清掃業など、営業終了後の深夜にシフトがあるような
仕事をする人もいるみたいですね。コンビニとかも。


でも結局、本業に支障をきたすので続けられない人が多いみたいです。


当たり前です。


美容師なんて、結構激務ですからね。


寝る間を惜しんで、体力削ってこなせるほど甘い仕事ではありません。


それでも副業をする人、副業を探す人は後を絶たないでしょう。


なぜなら給料がかなり低いから。

「業界別の平均年収」で検索するとわかると思いますが、
美容・エステティシャンなどの美容業は最低ランクです。


平均年収は283万円。でも労働環境は極めて過酷。


「好きじゃないとやっていけない」とよく言われますが、「好きでもやっていけない」というのが実情だったりします。


知り合いの求職情報誌の人に話を聞くと、最近は飲食業や美容業などのサービス業全般の求職率、離職率はヤバいそうです。


代わりに事務関係はその比率を伸ばしているところから、要は
修業や下積み期間のあるような職種はイヤ、頑張りたくない、プライベートを重視したいという風潮とも読み取れます。


ま、頑張った挙句の年収の上限がある程度決まっていることを知れば、当然ですけどね。
そんな中で平均を軽く超えるような年収を稼ぐ美容師というのは大方、経営側に回っていることが多いです。
しかも個人店とかではなく、店舗展開するぐらいに事業を拡大しているようなところ。


有名なところではEARTHの社長とかではないでしょうか?つい先日もテレビで取材されていましたし。


ぶっちゃけ経営で成功するのは別に美容師じゃなくてもいいですからね。
うちのサロンの社長なんて美容師ですらないですから。


だったら「副業」といって単純労働を増やして日銭を稼ぐよりかは
経営や起業の勉強をしたほうが実は理に適っていたりします。


そしてそれを実践形式で学べる方法がネットビジネスのもう一つのメリットです。
ネットビジネスって資本金や開業資金がいらないだけで、やってることはその辺の普通の社長業と変わりません。


社員の代わりにコンテンツに働かすので、そのコンテンツを優秀な社員に育て上げなければいけませんが。

優秀な社員(コンテンツ)の育て方


提供する価値の対価が売り上げですからね。
そういったことを学びながら実践していければ、収入も自然と伸びていきます。


大事なのはその過程で得た知識と経験。
通常のサロンワークや接客では得られない知識も得られるし、経験もできます。
それはそのまま本業に生かすこともできます。


お金に変えられない価値というのはこういうことだと思います。



PS



たまにこんなこと言うと
「努力が足りないから稼げないんだ!」とか
「稼げる美容師になれ!」だとか
「睡眠時間削って他の仕事するぐらいならもっと練習しろ!できないなら辞めろ!」


みたいなこと言う人がいますが、個人的には「・・・アホか。」と思います。


いつの時代やねん、と。


時代錯誤も甚だしいですし、だからこの業界の人気が落ちていくんだと思います。


求人を出しても人は来ないし、せっかく入った新人もすぐやめてしまう。
そもそも美容学校の生徒自体が相当減っていることからもこの業界に対する風潮がそうさせているんだと思います。
(僕の通っていた美容学校は、僕がいた時代で3クラスありましたが、今では1クラスも埋まっていないようです。ヤバいね)


この業界の慢性的な人手不足はそういった頭の悪いバカな年寄りのせいでしょうね。
これは美容業界に限らず、職人気質の世界で共通の弊害だと思います。


「自分の時代は夜の3時、4時まで練習していたんだぞ!」と。
その先に待っている結果が定収入なら、そりゃあ誰も寄り付かんでしょ。


確かに技術がモノをいう世界ですから練習は必然ですし、
サービス業なんだから多少の融通は利かせないといけません。公務員じゃないんだから。


それでも限度っていうものがあります。


僕だってアシスタントの時代は毎日夜中の1時2時とかまで練習はしていましたが、
下の子にそれを押し付ける気はさらさらないし、むしろそんなことをしていたという話もしたことはありません。


バカと思われちゃう(笑)


教えるべきは長時間の練習法ではなく、効率のいい練習法。
それができないポンコツは偉そうな口をたたかないでほしいものです。




PS




すいませんね、なんか最後は愚痴っぽくなってしまいましたけど(笑)


要するに副業は悪いことじゃないんだよ!とお伝えしたいだけだったのです。
「副業禁止」の会社もたくさんありますが、その理由も
本業への支障や社内機密の漏えいとか、そんなところが大きいと思います。


本業にバレない、もしくは支障をきたさない範囲で副収入があれば
むしろ安心して本業に取り組むことができるのではないでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。